旅の情報サイト 高知のバリアフリー観光:Kochi Barrier-free Tourism

文字
言語
高知県バリアフリー観光相談窓口
☎︎ 088-824-0227 / 090-1329-2939
9:00~17:30 ※年末年始は除く

モニターツアーレポート

海を味わう! 楽しむ! 高知県東部1泊2日コースモニターツアーレポート

昼食(釜揚げちりめん丼)

写真:昼食(釜揚げちりめん丼)1

安芸しらす食堂。安芸市の「安芸釜揚げちりめん丼」。

写真:昼食(釜揚げちりめん丼)2

2階は太平洋を眺めながら食事ができる。1階はフラットで入りやすい。1階を使用したい場合はご相談を。

室戸市に向かう途中で「釜揚げちりめん丼」をいただくことにしました。太平洋でとれたドロメ(イワシ類の稚魚)を太平洋の前で天日干しして作られる「釜揚げちりめん」を使用したご当地丼。ご飯の上に釜あげちりめん、海苔、大根おろし、みょうがなどの薬味がのせられており、柚の酢をたっぷり使った特製タレをかけて食べます。ふわっとした釜揚げちりめんが最高です。

室戸ドルフィンセンター

写真:室戸ドルフィンセンター1

イルカのさわり心地は、高知県でよく作られているある野菜の感触に似ている?

写真:室戸ドルフィンセンター2

うまくお口に入るかな?

写真:室戸ドルフィンセンター3

イルカのいたずらで水しぶきが!

室戸ドルフィンセンターは見学だけではなく、イルカとふれあいができる体験メニューが豊富です。今回はイルカのエサやりやタッチ体験を行いました。途中イルカの大ジャンプにより、大量の水しぶきを浴びてしまうハプニングも! 思い出に残る貴重な体験でした。

香南市サイクリングターミナル

写真:香南市サイクリングターミナル1

手結港可動橋。1日のうち約7時間だけ渡ることができる。

写真:香南市サイクリングターミナル2

ヤ・シィパークから海を見ながらサイクリング

写真:香南市サイクリングターミナル3

ドルチェかがみ。地域の旬の食材を使ったジェラートを楽しめる。

香南市サイクリングターミナルで、2人乗りのタンデム自転車をレンタルしました。ハンドル操作やブレーキは前の座席で行うため、視覚障害がある場合は介助者の方が前の座席に乗車した方が安全です。ターミナル前で少し練習をしてから、サイクリングロードをヤ・シィパーク方面に向けて出発しました。海の匂いや風、潮騒の音を感じながらのサイクリングはとても気持ちがよかったです。
ジェラートも味わって大満足。自転車に慣れていない方は少し難しいかもしれません。

YASU海の駅クラブ(ハンザクラス体験)

写真:YASU海の駅クラブ(ハンザクラス体験)1

ウェーダーに着替え

写真:YASU海の駅クラブ(ハンザクラス体験)2

乗降場までは徒歩で移動。大きな段差が一段あり

写真:YASU海の駅クラブ(ハンザクラス体験)3

太平洋に浮かぶ

写真:YASU海の駅クラブ(ハンザクラス体験)4

風があればスピードが出るが、風のない日はゆっくり進む

写真:YASU海の駅クラブ(ハンザクラス体験)5

水の流れを感じる

濡れないマリンアクティビティとしてハンザクラス(ヨット)を体験しました。ウェーダーへの着替えは必須ではなく、肢体に障害があり着替えが難しければ直接ライフジャケットを着て体験しても可(乗降時や水しぶきなどで多少濡れる可能性あり)。操作方法は簡単で気軽に体験できますが、視覚障害がある場合は、風向きや帆の向き、進行方向の認知と判断はコツをつかむまで難しいかもしれません。風に吹かれて波間にのんびり漂っている感じや、ヨットの縁から伸ばした手で速さや海の温度を感じられます。