旅の情報サイト 高知のバリアフリー観光:Kochi Barrier-free Tourism

文字
言語
高知県バリアフリー観光相談窓口
☎︎ 088-824-0227
9:00~17:30 ※年末年始は除く
高知市内中部東部

高知県内フォトジェニックコース

高知市内から介護タクシーで高知県東部を中心に巡る2泊3日の旅です。奇岩と海と植物が織りなす神秘的な室戸岬、旬の北川村のゆず、お花いっぱいのモネの庭、まるで外国にいるかのようなホテルレストラン、どこを切り取っても絵になる素敵な場所がたくさんです。ゆず狩りや陶芸体験のほか、温泉宿では露天風呂も楽しみました。
高知龍馬空港 ➡︎ 車で100分 ➡︎ 最御崎寺 ➡︎ 車で5分 ➡︎ 室戸ユネスコ世界ジオパーク ➡︎ 車で60分 ➡︎ 宿泊(北川村温泉ゆずの宿) ➡︎ 車で20分 ➡︎ 土佐北川農園 ➡︎ 車で5分 ➡︎ 北川村「モネの庭」マルモッタン ➡︎ 車で15分 ➡︎ 唐浜休憩所 ➡︎ 車で20分 ➡︎ 内原野陶芸館・ガラス工房 ➡︎ 車で70分 ➡︎ ひろめ市場➡︎宿泊(高知市内) ➡︎ 車で25分 ➡︎ 桂浜公園 ➡︎ 車で30分 ➡︎ ヴィラサントリーニ ➡︎ 車で30分 ➡︎ いの町紙の博物館 ➡︎ 車で30分 ➡︎ 高知龍馬空港
高知県内フォトジェニックコース

北川村「モネの庭」マルモッタン。モネが愛した庭を再現している。

写真1

最御崎寺。室戸岬の突端にある土佐最初の霊場。

写真2

世界ジオパークにも認定されたパワースポット、室戸岬にあるアコウの木。

写真3

北川村温泉ゆずの宿。館内は露天風呂に至るまでフラットなつくり。

写真4

土佐北川農園。ゆず狩りとゆずしぼり体験が可能。

写真5

唐浜休憩所。太平洋を一望できる欧風の休憩所。

写真6

内原野陶芸館。手びねりや絵付けによるオリジナル陶器作りができる。

写真7

ひろめ市場。地元民にも観光客にも大人気の屋台村。

写真8

桂浜。弓状に延びた砂浜が美しい高知県を代表する景勝地。

写真9

ヴィラサントリーニ。エーゲ海のようなロケーションのホテル。レストランのみの利用可。

写真10

いの町紙の博物館。土佐和紙の歴史が学べるほか、紙漉き体験もできる。

チェックポイント
・室戸岬の乱礁遊歩道は、狭い箇所、段差、路面が凸凹しているところ、植物がせり出している部分もある。
・北川村温泉ゆずの宿は、館内はほぼフラットで通路幅も広く、車いすでも移動しやすい。温泉は、ぬめりのある泉質なので、すべらないよう注意が必要。
・北川村「モネの庭」マルモッタンは、園内にはスロープが整備されていますが、丘陵地にある施設のため坂の上り下りがあり、車いす利用者は介助者の同伴が望ましいです。ギャラリーとショップのある建物にはエレベーターはなく、1階・2階への移動は外周りのスロープを使って昇降いただくようになります。
・内原野陶芸館は、車いす用の作業台など配慮や工夫もあり。ご利用の際は、事前に施設に詳細をお問合せください。
・ひろめ市場は、原則座席の予約不可。夕方以降は混雑するため席の確保が難しいことも。車いすでの飲食スペースの利用を希望する場合は、事前にお問い合わせください。
・桂浜公園内の観光案内所では、車いすを借りることができる。営業時間9時~16時30分で、12月29日~1月3日は休業。
・いの町紙の博物館は、紙すき体験では車いすのまま利用できる紙すき台があり、予約をすれば1対1で職員が補助しながら紙すき体験ができる。駐車場から建物まで階段2段とその横はスロープ(傾斜5度)になっている。それぞれ手すりあり。